SHANLING M3X Firmware 1.62リリース

M3Xで新しいファームウェアがリリースされました。
いつものようにPCでダウンロードしてローカルアップデートを行います。
こちらのリンクからM3Xの1.62がダウンロードできます。

https://en.shanling.com/article-M3XM8FirmJune.html

アップデート方法

1.   M3Xを十分に充電する
2.   PCにM3Xを接続して、内部メモリーの直下にダウンロードしたzipファイルをコピーする
(zipファイルは解凍しないこと)
3.  「Support」アプリ (紫の電球のアイコン)の「ファームウェアアップデート」から「ローカルアップデート」を選択して上記でコピーしたファイルを選択する
4.   M3Xが自動的に再起動してアップデートが完了するまで待つ

アップデート内容

1.        USBドライブからの再生に関する問題を修正しました。
2.        システムにチェコ語を追加しました。
3.        USB出力の音量調節を調整しました。
4.        Synclink(※1)のパフォーマンスが向上しました。
5.        ShanlingMusicアプリにSMBサポート(※2)を追加しました。
6.        その他のバグ修正とシステムの改善。

  • ※1 Synclinkとは、スマートフォンなどからBluetooth経由でM3Xをリモートコントロールする機能です。
    機能の説明はこちらのサイトが参考になるかと思います。
    https://musinltd.com/portal/article/index.html?id=98
  • ※2 SMBとは、Server Message Blockの略で、Windowsのネットワーク上でファイル共有などを行うマイクロソフト独自の通信プロトコルのことを指していると思われます。
    M3XのShanlingMusicアプリのNASの項目からWindowsの共有フォルダにアクセスできそうですが、アカウントのユーザ名かパスワードが間違っているか、SMB1.0が有効になっていないと表示されて、試せませんでした。(成功したら記事を更新します。)
最後に
素敵なブログがたくさん集まる「にほんブログ村」。お気に入りのブログが見つかるかも…

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA